ビジネス

デザイン

アソビ

ライフ

ヒトノワの交流会

「フォトウォーク」のススメ!

こんにちは!
ヒトノワ編集部、フリーランスカメラマンの伽賀隆吾(かが りゅうご)です!

最近、カメラマン仲間で新しい事業といいますか試みをしようという話がありました。自分をいれまして3人のカメラマンで角突き合わせてあーだこーだと白熱の(?)議論を繰り返しました結果「フォトウォーク」を開催しようということになりました。

フォトウォーク

実は他のお2人が戸建ての物件を借りてスタジオ作るということになっていまして。基本構想としてそのスタジオをカメラ好き・写真好きが集まる溜まり場にしたいという考えが前提としてありました。で、場所の準備が実現した今まずはその場の認知を高めるために何かプロモーションをしようとなり、イベントとして前述の「フォトウォーク」の開催と相成ったのです。

フォトウォークとは

さてさて「フォトウォーク」とはなんぞや? というと。超簡単に言えば「みんなでお散歩しながら写真を撮る会」です。でもそれだけではプロモーションには弱い。それで考えたのが我々3人のカメラマンが見どころ(撮りどころ?)を盛り込みつつ設定。参加者には普段疑問に思うことや撮り方のコツとか、カメラの使い方やセッティングの仕方などを教えつつお散歩撮影をします。

2時間ほど撮影してスタジオに戻り大型モニターでその日の成果をみんなでやいのやいの言って楽しもう!という趣向ですね。

内村カメラマン

主催の一人、内村カメラマンです。
内村さんは元々は新聞社勤務、バリバリの報道カメラマンです。今はフリーランスでライター業もしており二足の草鞋で活躍するジャーナリストです。ライフワークとして視力が不自由な方の目となる「アイメイト」と呼ばれる犬や、それを取り巻く環境などを独自の視点で取材と撮影を行い発表しています。

ご自身も大の犬好き、アイメイトを引退した犬を家族に迎えて暮らしていたりしています。その子達の写真がもうホントに優しい気持ちにしてくれてとても素敵です。後日3人のカメラマンのプロフィールや写真はリンクさせようと思います

モノクロ写真

今回載せている写真は全てデジタルカメラで撮影しています。あえてモノクロ写真にすることで印象や表現が変わっていきます。感覚的なものですが、なんとなくこれはモノクロ向きかな? とかカラーが綺麗かな?とか撮り続けることで自分の感覚が磨かれていくと思います。

都内

緑

スタジオの近辺は緑が豊かで都内とは思えないほどです。今回のフォトウォークはそのスタジオの近辺で3コースを設定、各コースを選んでもらって行おうと思っています。

水飲み場

自然豊かということは四季で変わる風景を楽しめるということでもあります。公園も多く撮る素材はたくさんありまして、寄り道しまくりでした(笑)

階段

階段

階段

ドラマに出てきそうな石畳の階段や急斜面があり面白かったです。猫しか通らないんじゃないかってくらい狭い路地もあったり少年心くすぐる町です。

素材撮影

この日は3コースのうち2コースを2人で下見と素材撮影です。

素材撮影

素材撮影

素材撮影

素材撮影

この辺のショットはモノクロ向きかもしれませんね。2人して夢中になって気付いたらもう夕方でした。実に4時間!スマートウォッチの歩数は25000歩!減量中の自分には実にいい運動でした。最後の写真奥の煙突は実働中の銭湯です。いやー機会あれば入りたい!残念ながらこの日は定休日でしたが……。

さいごに

いかがでしたでしょうか?
すでに料理ブロガーになりつつありましたが久しぶりに純写真記事でした。この「フォトウォーク」は年内に第一回開催を目指して目下準備中です。このイベントのいいところは撮って終わりではなく皆んなで写真でディスカッションして、自分では今まで気づかなかった新しい考え方やエッセンスを取り込もうというもの。

やはり写真は見てもらってこそかなと思います。でもなかなかそういう場は普段の生活で持ちづらいですよね。あとちょっとした勇気もいるかな……。そこを我々が提供いたします。また分からないことはどんどん聞いていただければ。これから始めようとしていてカメラがない方もレンタルできるようにとも考えています。確定しましたらまた報告と宣伝させていただきます!!

では次回の記事でお会いしましょう!

この記事を書いた人

伽賀隆吾

伽賀 隆吾(かが りゅうご)

北海道出身。現在は東京都在住。
車両撮影の照明会社に就職、同社のライトマンからキャリアをスタート。のち写真部と兼任で修行後フリー。職業カメラマンとして活動しながらギャラリーバーPaper Poolにて展示企画・運営・なんちゃってギャラリスト・炊事なども行っている。


この記事をシェアする

人気記事

キーワード